スタッフブログ

Staff Blog

2019.03.16

N-BOX エンジンが始動後すぐに停止(T_T)

本日のお修理はタイトルの通り始動後すぐにエンジン停止です。

なにせエンジンがすぐに停止してしまうものでダイアグも検出しません(>o<“)

てなわけでまずはデーターモニターで確認すると2、3番気筒が爆発していません。
※データーモニターには『失火判定』があるので分かるのです(*^^)v

2気筒が失火するなんてめずらしいのでまずはクランクセンサーとカムセンサーをオシロスコープで見てみます。

きれいに信号でてますね(‘ε’)

ひとまず↑のイグニッションコイルのコネクタにて点火波形を測定。

3気筒とも正常に出ています・・・。

続いてイグニッションコイルを入れ替えすると・・・

データーモニターでの「失火判定」で失火する気筒が変わる!

つまりイグニッションコイルが悪いということです。

何でそんな壊れ方をしたのか不思議です。

念のため試運転を繰り返しますが故障が再現しません・・・。

最後にオールダイアグで再確認するも故障コードは無し。

一度車をお返しし様子を見てもらう事に。

エンジントラブルも新工電機までー(^^♪

 

 

前の記事